みうら 眼科・皮フ科クリニック【東京都 台東区 眼科 皮膚科】

主な疾患
  • 急性の症状として・・・結膜炎・ものもらい・外傷など
  • オフィスワークにともなって・・・ドライアイ、眼精疲労など
  • 成人病にともなって・・・糖尿病、高血圧など
  • 加齢にともなって・・・老眼、白内障、緑内障、加齢黄斑変性、飛蚊症など
  • 神経の異常にともなって・・・眼瞼けいれん、片側顔面けいれんなど

患者さんの目の状態をモニター画面に映し出して、病状と治療法をできるだけわかりやすくご説明いたします。
症状によっては大学病院ほか、白内障手術専門施設も提携先となっており、ご紹介いたします。
眼科全般にわたりどんなことでもお気軽にご相談下さい。

クリック
検査

屈折検査

視力検査

眼圧検査

当院では、パキメトリー機能を用いて中心角膜の厚みを測定し、より精密な眼圧測定を行っています。
緑内障の診断、治療には必須の検査です。
また、眼内の炎症や網膜疾患などでも異常値を示すことがあり、眼内の状態を把握するためにも重要な検査です。

細隙灯顕微鏡検査

眼球の各部を光で照らし、顕微鏡で拡大して観察します。
ドライアイなど眼表面疾患に対しては染色検査をすることで、より詳細に観察することができます。

眼底検査

眼球の奥を光で照らして観察します。
当院では、単眼倒像鏡よりも解像力に優れ立体視が可能な双眼倒像鏡を使用しています。

視野検査

緑内障の診断、治療には欠かせない検査です。
その他、脳梗塞などの脳疾患、視神経の炎症、網膜疾患などの状態把握にも有用です。

眼底三次元画像解析

最新のOCT(光干渉断層計)を用いて眼内の精査を行います。
通常の視野検査では検出されない極早期の緑内障の早期発見を可能にします。
また、加齢黄斑変性や糖尿病網膜症に伴う黄斑浮腫など、視力に大きな影響を及ぼしやすい黄斑疾患の診断にも有用です。

レーザー治療について
眼科専門のレーザーメーカー、エレックス社の最新レーザーを導入しました。
パターンスキャン照射機能により同時に1~9発(最大で36発)の短時間・高出力の照射ができるため、従来のレーザーに比べ痛みが少なく短時間で治療を行えます。
また、561nmの黄色波長のレーザー光を搭載していますので、視力に影響しやすい黄斑近傍への治療にも適しています。
糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などのさまざまな眼底疾患の治療が可能です。
眼鏡処方について

現在、月曜日と水曜日に眼鏡専門スタッフが対応しています。
眼鏡を使用されている方はご持参ください。

緑内障について
当院は、大学病院勤務の時に緑内障専門外来で培った経験を生かして、特に緑内障診療に力を入れています。NIDEK社の高機能OCT やZEISS社のハンフリー視野計を用いて、緑内障あるいは緑内障の疑いのある方(視神経乳頭陥凹症)に最適な精密検査を施行しています。
 
少しでも疑いがある方に対しては、まずOCT検査を行い、早期の緑内障を含めて慎重に精査させていただきます。その結果、緑内障の所見が認められた場合は、通常の視野検査も併せて行い、緑内障が進行しないように細かく管理していきます。
また、緑内障の診断が困難になりやすい強度近視眼に対しては、当院OCTに搭載した長眼軸長データベースを用いることで、より正確な診断、治療をしていきます。
 
緑内障はある程度進行するまで自分自身では気付きにくく、また一度罹患すると治すことが困難な病気です。それだけに早期発見し、進行予防に努めることが重要です。
同じ緑内障という病気でも、様々な緑内障の方がおられます。
病気の進行が早い方、中心により近い視野にダメージが及びやすい方、年齢が若い方などは特に注意深い診察、治療が必要です。
それぞれの緑内障に合わせた適切な治療をしていきます。

細隙灯顕微鏡
 

オートレフケラト/トノ/パキメーター
(トノレフ)

ハンフリー自動視野計

光干渉断層計 (OCT)

イエローパターンレーザー光凝固装置

ページのトップへ▲
みうら眼科・皮フ科クリニック
| HOME | クリニックの紹介 | 眼科 | 皮膚科 |
みうら眼科・皮フ科クリニック 〒110-0012 東京都台東区竜泉2-19-18 TEL03-6458-1050